シンエイ工営の家づくり 施工例、お客様の声 見学会、イベント情報

住まいのコラム

第一弾 『強い家ってどんな家?』

家造りに役立つお得な情報やヒントを、連続シリーズでお伝えします!

 


 

一時間目 倒壊の原因と強い家を考える

 

title_15
image016
image017
title_17

●地震に負けない家 42名
●基礎がしっかりした家 22名
●台風に耐える家 18名
●大黒柱のある家(柱の太い家) 16名
●火災に強い家 12名
●長持ちする家  10名
●伝統的な日本の家 6名
その他 鉄筋の家、鉄骨の家、
      平屋の家、湿気に強い家等
平成9年4月 於広島県(複数回答あり)

地域別 強い家

image018

  

 title_16

title_18
image019

 

①設計の悪さ  ―法定基準を守っていない―
・筋交いが少ない
・壁が少ない
・壁の配置が悪い
・接合金物ば使われていない
・無理な2階の増築をしている
・基礎が無筋
image020

②古さ  
・シロアリ、湿気に侵されていて土台、柱が腐朽している
・屋根が重い(土葺瓦)
・土台と基礎が固定されていない

 

 

image021


    ③地盤の悪さ 
 
    ・不同沈下
    ・液状化による地盤の移動
    ・傾斜地の崩壊

 

 

title_19
ただし、「台風には重い屋根がいい」 ということも忘れてはいけないことです。
地域によって、住宅の違いを忘れないようにしないといけません。

次回、二時間目の授業内容は…

地震に負けない家づくり10カ条

地震に強い地盤・基礎・形状とはどんなものなのか、勉強しましょう!

▲このページのトップへ


二時間目 地震に負けない家づくり 10か条

7月16日新潟県中越沖地震が起きました。被災された方々には、お悔やみ申し上げます。
全国各地では大小様々な地震が今なお、起きています。明日はわが身です!
震がきても倒壊だけは免れるような、強い家づくりについて勉強しましょう!!
jiban01

ryoukou01  ryoukou02  ryoukou03
軟弱地盤には、地盤改良・火打ちを!       ★埋め立て、造成後日が浅い土地は避けたい。
jiban02

kiso01

kiso02   kiso03kiso04kiso05
 ○           ×
    基礎はつなげて、連続させて。              地質・建物に応じた基礎
jiban03
antei01   antei02 

立方体に近い純粋な形      ×くびれたり、凹凸は避ける
(平屋・総2階)
jiban04
antei02

1階より2階が大きいと
倒れやすい。

 

     
      ×ピロティ

 

jiban05

juushin01
屋根は軽く・基礎は重く

 

 

juushin02 
瓦葺なら土瓦葺より引掛桟瓦に!

jiban06

 1、2階の壁の位置を揃えると安定する。

haichi01 haichi02 haichi03
                             ×
              建物の四隅、中心の壁はL型・T型に!

jiban07
kaikou01 kaikou02 kaikou03
      ×               ×                 

              デザイン重視で、やたら窓にしない!

jiban08
boushitsu
jiban09
kanamono

jiban10sujikai01 sujikai02

揺れや横からの力には斜めの材が効果的。
建物の変形を無くします。

sujikai03       sujikai04

次回、三時間目の授業内容は・・・
火災に負けない家づくりについて勉強しましょう!

▲このページのトップへ


三時間目 火災に負けない家づくり

昔も今も変わらず火事は怖~いもの。
地震の二次災害としても考えられます。
被害を小さく抑え、安全に 非難できる家にしたいものです。

     燃えにくい家          避難しやすい家          安全性が高い家

~家をより長持ちさせるために~


地震や火災に『絶対大丈夫な家』なんてものはない。
家の寿命をのばすのには、日頃のメンテナンスと災害への
心構えが大切。平均23年と短命な日本の家、もっともっと
長持ちさせるにも、住まいを大切にしていきましょう。

住まいのチェックリスト

・雨樋の点検
・浄化槽の点検
・浴槽のカビ、防水チェック
毎年
・外廻りの木部・鉄部塗装替え
・畳 表替え
2~4年毎
・外壁モルタルのクラック点検・補修
・屋根の塗装替え
5~7年毎
・外壁の塗装替え
・雨樋の総点検、取替え
・サッシ廻りコーキング点検
・給排水設備総点検(器具、配管、排水含まず)
8~10年毎
・基礎、土台の腐朽点検、補強、取替え
・屋根葺き替え
20年


家は長~い友達。
家族同様、思いを込めて手入れしてあげましょう。

▲このページのトップへ


四時間目 構造・工法ダイジェスト

「木の家は弱く、コンクリートの家は安全」と一概に言えるものではありません。
それぞれの長所、短所をよく知った上で、慎重に選ばなければならないのです。
構造や工法について少しでもよく知って、強い家作りについて学びましょう。

     
・軽く、割に強い     ・耐火性に劣る
・熱を伝えにくい     ・腐りやすく、虫害を受けやすい
・通気性が良い     ・くるいやすい

     
・耐火性が高い     ・通気性に劣る
・耐震性が高い     ・湿気に弱い
・耐風性が高い     ・塩害を受けやすい

あらかじめ工場で大量生産された部材を現場で組み立てる工法。ハウスメーカーによって、多種多様な構造がある。


・各社が競って研究開発を行う
・準耐火使用がほとんど
・部材の工業化率が高く、精度が高い
・・規格部材を配置するため出来上がりにバラツキがない

薄く軽い鋼材を主な骨組みにした構造。
木造軸組の木の骨組みを軽量鉄骨に
置き換えたものと考えればよい。

   

軸組がなく、床、壁、屋根の木質パネル
によって構造を作るパネル工法。
パネルはメーカーによってさまざま。

コンクリート系のパネルをボルト、鉄筋現場溶接で
ジョイントする壁式構造。
場所打ちコンクリートと比べ、品質が安定。

工場生産された箱状ユニットを現場でくみ上げていく工法。
クレーンやトラックが入れる道路幅が必要。工期が短く済む。

▲このページのトップへ

五時間目 構造・工法ダイジェスト

鉄骨造
厚い重量鋼材を柱として構成。柱の間隔を広くとることができるので、1階を駐車場にする等、広い空間に適する。

長所 ・耐震性が高い。(ねばり強い)
短所 ・耐火的でない。
    ・腐食しやすい。
    ・折れ曲がり(座屈)やすい。

鉄筋コンクート造
最も災害地変に強い工法と言われる。鉄筋とコンクリートが互いの弱点を補い合い、一体となって力を負担する。


(コンクリート)火に強く、引っ張り力に弱い。
(鉄筋)火に弱く、引っ張り力に強い
長所 ・燃えない。(但し火災で弱くなる)
    ・耐久的
    ・耐震的
短所 ・重い
    ・施工の良否が強さに与える影響大。

敷地に適した工法を選ぶ!


建物の安全性は土地抜きでは考えられるものじゃあない。
予算やデザインだけでなく周りの環境、
地盤から総合的に判断しよう。


わたしの土地に一番合う工法はどれ?

鉄道、高速道路沿線

ガスタンク、火薬工場など危険設備近隣

海岸近く

強風地域

湿地・埋立地

次回の授業内容は・・・

なぜ敷地・環境調査が必要なのか

について勉強しましょう!

前のページへ戻る